虎古模型記

模型製作ブログ

タミヤ1/35 エレファント #2

タミヤ1/35 エレファント

今回はツインメリット、改修、塗装まで行います。f:id:klaft0729:20180827073438j:image

ツインメリット・前部

尖頭ボルトに先にマスキングゾルを塗り、後で剥がしやすくします。

放射状のツインメリットをよく目にしますが、今回は横ラインで...。
f:id:klaft0729:20180827073422j:image

後部

ハッチは別でコーティングを施します。
f:id:klaft0729:20180827073216j:image

砲塔は画像のようにコーティングが下部に施されている車両が多い(全車両?)ので、

マスキングでラインを作ります。

f:id:klaft0729:20180827073245j:image

砲身を合わせ目消後、取り付けてみました。


f:id:klaft0729:20180827073450j:image

ドライバーハッチは、フィギュアをここに置くためオープン状態に。

ディテールはしっかり彫ります。
f:id:klaft0729:20180827073324j:image

トラベリングクランプ(砲身支持台)を取り付け。
f:id:klaft0729:20180827073153j:image

予備履帯はコーティング等の凹凸で歪むため、ピンに真鍮線を通します。
f:id:klaft0729:20180827073343j:image

金槌はキットのディテールがおかしい(?)ように思い、保持部をプラバンで作り直しています。
f:id:klaft0729:20180827073234j:image

f:id:klaft0729:20180827073444j:image砲塔上部

ローダー・コマンダーハッチもオープン状態に。

f:id:klaft0729:20180827073456j:image

f:id:klaft0729:20180827073256j:image牽引ワイヤーは水糸に置換。
f:id:klaft0729:20180827073143j:image

雑具箱・排熱口カバーにもコーティング。
f:id:klaft0729:20180827073428j:image

木箱に240番ヤスリで木目を表現。(見えにくいですが....。)
f:id:klaft0729:20180827073222j:image

f:id:klaft0729:20180827073228j:image改修後、全体にオキサイドレッドを塗布。

f:id:klaft0729:20180827073400j:image

隅に黒を塗り、影を強調。

この時点で塗装剥がれ表現のためにワセリンを箇所に塗ります。
f:id:klaft0729:20180827073337j:image

ダークイエロー。

影がしっかり残るように。
f:id:klaft0729:20180827073318j:image

レッドブラウン。特徴的な迷彩を入れていきます。
f:id:klaft0729:20180827073204j:image
フィギュアにも彫り、ディテールアップを施します。

ご覧いただきありがとうございました。

次回は完成編です。

https://www29.a8.net/svt/bgt?aid=180115108762&wid=001&eno=01&mid=s00000009919001007000&mc=1