虎古模型記

模型製作ブログ

M5A1ヘッジホッグ ①

製作編

タミヤ1/35

アメリカ軍軽戦車M5A1、ヘッジローを装備した通称「ヘッジホッグ」

今回はこちらを製作していきます。

 

▼箱絵。

 M5A1+アメリカ兵4体が付属する「追撃作戦セット」です。折角なので、今回はジオラマにしてみました。

f:id:klaft0729:20171206015746j:image

 

▼仮組み。装備品もある程度接着して塗装します。

f:id:klaft0729:20171206020753j:imagef:id:klaft0729:20171206020809j:image

 

▼付属フィギュアと共に、ダイソーのモスシートで様子見。草の質感に丁度いいですね。

f:id:klaft0729:20171206234807j:imagef:id:klaft0729:20171206234816j:image

今回の舞台はヨーロッパ。ノルマンディー上陸後の追撃作戦を想定して作ってみます。

 

▼装備・ディテールを追加。

砂袋?・溶接跡・リベットなど。 

(画像は砂袋のみ。

他は撮り忘れてました…(ーー;))

f:id:klaft0729:20171207184440j:image

▼車体の塗装から

サフ吹き後、エッジを中心に黒を塗布。

f:id:klaft0729:20171207155408j:imagef:id:klaft0729:20171207155437j:imagef:id:klaft0729:20171207155445j:image

 

下地色、本体色を重ねグラデーション塗装。

装備品、機銃等も塗り分け、デカールを貼り終えた状態。

f:id:klaft0729:20171207155652j:imagef:id:klaft0729:20171207155719j:imagef:id:klaft0729:20171207172219j:imagef:id:klaft0729:20171207172225j:image

 

▼続いてウェザリング

まずはチッピング。乾いた筆で、エッジ周りに擦り付けるように。

同時に履帯・転輪周りをパステルで汚し、砂土の跡を表現。

f:id:klaft0729:20171207172529j:image

次にウォッシング。Mr.ウェザリングマスターで全体に筆塗り。

f:id:klaft0729:20171207172640j:imagef:id:klaft0729:20171207172700j:image

綿棒・筆で拭き取り。

面の端に汚れが溜まり、側面は雨垂れの跡などを意識して拭き取ります。

f:id:klaft0729:20171207173015j:imagef:id:klaft0729:20171207173027j:image

この後艶消しを拭き、車体は完成。

乾燥時間にフィギュアもチマチマと。

f:id:klaft0729:20171207173937j:image

 

続いては飾り台、ジオラマを作っていきます。

▼木枠を組み、Mr.クレイ、モスを土台に貼り付け…

f:id:klaft0729:20171206235238j:image

 

▼庭から採取した雑草などを植え、小石、砂を振りかけて地面っぽく。

 f:id:klaft0729:20171206235407j:imagef:id:klaft0729:20171206235446j:imagef:id:klaft0729:20171206235510j:image

 

▼地面、草はエアブラシで着色。

秋〜冬くらいのイメージで、枯れ草を表現してみました。

f:id:klaft0729:20171207000031j:imagef:id:klaft0729:20171207000045j:image

白っぽい地面は道のつもりです。

(見えるかな…?)

 

今回はここまで。

次回は完成編です。