古虎模型記

模型関連の製作記事を更新中

タミヤ1/35 タイガーⅠ型(中期生産型)②

タイガーⅠ第2回目

ディテールアップ続き、フィギュア、塗装に着手していきます。

 

f:id:klaft0729:20180617201905j:plain

ペリスコープをポリパテで大量生産。

キューポラなどの隙間が寂しいので追加です。

f:id:klaft0729:20180622165342j:plain

今回のタイガーは冬季迷彩仕様に決定。

戦車長にジャケットを着せます。

f:id:klaft0729:20180622165338j:plain

 

f:id:klaft0729:20180617201700j:plain

塗装に入ります。

下地にガイアのオキサイドレッド。

f:id:klaft0729:20180622165316j:plain

車体色にクレオスのジャーマングレーを...と思ったのですが、

だいぶ暗いので、影色として使用。

f:id:klaft0729:20180707154804j:plain

白を添加し、ジャーマングレーに(今度は明るすぎ?)

 

 

f:id:klaft0729:20180707154847j:plain

デカールは301号車を選択。

f:id:klaft0729:20180707154817j:plain

冬季迷彩の白を塗布後、水性アクリル溶剤でムラを出します。

f:id:klaft0729:20180707154829j:plain

冬季迷彩の下地にヘアースプレーを使用。

f:id:klaft0729:20180707154915j:plain

ウェザリングを全体に。

青のウォッシングがいい感じです。

f:id:klaft0729:20180707154902j:plain

戦車長。顔の塗装がやはり難しい.....。

 

次回、完成編です。

ご覧いただき、ありがとうございました。

https://www29.a8.net/svt/bgt?aid=180115108762&wid=001&eno=01&mid=s00000009919001007000&mc=1

 

 

タミヤ1/35 タイガーⅠ型(中期生産型)①

どうも、古虎です。

今回よりタミヤ製1/35ティーガーⅠ中期生産型を製作していきます。

ツインメリット施行の冬季迷彩仕様をコンセプトに...。

 

f:id:klaft0729:20180617200946j:plain

箱絵

以前に初期型のティーガーをジャーマングレーで製作したことがありますが、

ダークイエローもかっこいいですね。

配色はまだ検討中です....。

f:id:klaft0729:20180617201831j:plain

毎度おなじみ複合転輪。

f:id:klaft0729:20180617201838j:plain

車体と砲塔の仮組。

ツインメリット処理のため、OVMは後から接着します。

f:id:klaft0729:20180617201844j:plain

早速ツインメリット処理を...。

除けたい部分にはマスキングをします。

f:id:klaft0729:20180617201911j:plain

上面天板にはあまり処理をされていない車両が多いらしいですが、

今回参考にした資料ではここも施されていたので盛ってみました。

f:id:klaft0729:20180617201920j:plain

正面下部まで。

下面は不明なのでこのままにします。

f:id:klaft0729:20180617201620j:plain

サイドフェンダー取り付け部は除け、

フェンダー下も施されているので(資料より)こんな感じに。

f:id:klaft0729:20180617201937j:plain

後面は凸部が多いので、施し辛い...。

多少雑なほうがリアルだったりします。

f:id:klaft0729:20180617201941j:plain

ちなみに...

ダメージ表現をマフラーカバーでやってみたのですが、炙り過ぎて歪んでしまったので

極初期型にみられる取り外した状態にしました。

f:id:klaft0729:20180622165527j:plain

エンジングリルにエッチングを使用。

ライターで炙り、たわみを表現します。

f:id:klaft0729:20180622165516j:plain

牽引ワイヤーは建築用水糸に置き換え。

f:id:klaft0729:20180622165331j:plain

サイドフェンダーは分割し、歪みをつけます。

f:id:klaft0729:20180617201010j:plain

予備履帯を前面に追加。

f:id:klaft0729:20180617201005j:plain

砲塔には下のラックが無かったので、0.3プラバンで自作。

 

次回は残りのディテ追加、フィギュア製作、塗装に入ります。

ご覧いただきありがとうございました。ではまた。

https://www29.a8.net/svt/bgt?aid=180115108762&wid=001&eno=01&mid=s00000009919001007000&mc=1

 

 

 

タミヤ1/35 パンターD型③

完成ギャラリー編

f:id:klaft0729:20180520200734j:imagef:id:klaft0729:20180520200754j:image

f:id:klaft0729:20180520200855j:image

f:id:klaft0729:20180520200922j:image

スモークディスチャージャーに

パステルでスス汚れを表現。

f:id:klaft0729:20180520200931j:image

f:id:klaft0729:20180520200759j:image

雨垂れをMr.WMグランドブラウンで強調。

f:id:klaft0729:20180520200813j:image

 

f:id:klaft0729:20180520200830j:imagef:id:klaft0729:20180520200949j:imagef:id:klaft0729:20180520200954j:image

 

ご覧いただきありがとうございました。

 

https://www29.a8.net/svt/bgt?aid=180115108762&wid=001&eno=01&mid=s00000009919001007000&mc=1

タミヤ1/35 パンターD型②

タミヤパンターD型

第2回目。今回は塗装編です。

インストの三色迷彩を参考にしました。

f:id:klaft0729:20180519010010j:image

オキサイドレッドで下地

f:id:klaft0729:20180519010021j:imagef:id:klaft0729:20180519010039j:image

ダークイエロー塗布後、ダークグリーン・レッドブラウンで迷彩模様を描きます。f:id:klaft0729:20180519010057j:imagef:id:klaft0729:20180519010113j:image

今回はシャドウ吹きを施しました。

微妙な違いですが、エッジ周りの影色により重量感が得られます。

f:id:klaft0729:20180519010124j:image

デカールは745号車両を選択。

ガンポート、ハッチ等で番号は分割されています。

f:id:klaft0729:20180519010152j:image

転輪ゴム部は筆塗り。

画像はウェザリングまで施した状態です。

f:id:klaft0729:20180519011129j:imagef:id:klaft0729:20180519011141j:imagef:id:klaft0729:20180519011147j:image

フィギュア。

紋章までそれっぽく描いてみました。

 

次回、完成編です。

ご覧いただき、ありがとうございました。

 

https://www29.a8.net/svt/bgt?aid=180115108762&wid=001&eno=01&mid=s00000009919001007000&mc=1

タミヤ1/35 パンターD型①

お久しぶりです。古虎です。

 

今回より、タミヤパンターD型を製作。

f:id:klaft0729:20180501120429j:imagef:id:klaft0729:20180501120256j:image

別売の組立可動履帯、エッチンググリルも購入。

f:id:klaft0729:20180501120725j:image

仮組。

f:id:klaft0729:20180501151220j:image

ティーガーⅠと比較。結構大きいです。

f:id:klaft0729:20180503194157j:imagef:id:klaft0729:20180503194212j:imagef:id:klaft0729:20180503194250j:image

今回は実車に近づける!ということで、

各部ディテールアップを施します。

 

f:id:klaft0729:20180503194600j:imagef:id:klaft0729:20180503194624j:image

チェーン、L字ピンを銅針金で再現。

f:id:klaft0729:20180503194643j:image

牽引ロープはキット付属の紐を使用。

そのままでは毛羽立ってしまうので、流し込み瞬着でコーディングしています。

f:id:klaft0729:20180503194654j:image

スモークディスチャージャーの配線。

ここは想像で製作。資料が見つかりませんでした...。

f:id:klaft0729:20180503194712j:image

ハッチのロックピン。バネ?部の再現に苦労します。

f:id:klaft0729:20180503194724j:image

溶接跡はヒートカッターを使用。

f:id:klaft0729:20180503195417j:image

クリーニングロッドケースにはダメージ表現。

f:id:klaft0729:20180503195657j:image

履帯組みは初めてです。何個かピンを折ってしまいました(^^;

 

次回より塗装に入ります。

ご覧いただき、ありがとうございました。

 

https://www29.a8.net/svt/bgt?aid=180115108762&wid=001&eno=01&mid=s00000009919001007000&mc=1

 

 

 

 

 

タミヤ1/35 キングタイガー (アルデンヌ戦線) 完成

f:id:klaft0729:20180113222958j:image

どーも!古虎です

今回はタミヤより1/35キングタイガー を製作しました。

今年初の完成品です。年末から組み始め、丸1週間かかりました。

ドイツ戦車は3台目、迷彩パターンなど不慣れな箇所が目立つかも?ですが、ご容赦を…。

 

諸事情により背景は作業場のままです。見え辛くてすみません ^_^;

 

f:id:klaft0729:20180113221215j:image

f:id:klaft0729:20180113221545j:image

マフラーにはパステル+アクリル塗料で錆を塗装しました。

f:id:klaft0729:20180113221710j:image

足周りもパステルでウェザリング。転輪は迷彩が見えるよう控えめに。

f:id:klaft0729:20180113221828j:image

正面。チッピングがよく目立つ面です。

ガイアのオキサイドレッドを下地に、ワセリンを塗って塗装後に竹串で剥がすという技法を施行。

f:id:klaft0729:20180113222317j:image

f:id:klaft0729:20180113222627j:image

吸気口周りは別売りのエッチングパーツを使用。

 f:id:klaft0729:20180113222326j:image

予備履帯にも錆を。あまり見えないかな?

f:id:klaft0729:20180113223130j:imagef:id:klaft0729:20180113223205j:image

 戦車長。肌や服の質感を自分なりに表現。試行錯誤でした^_^;

 

【製作過程】

f:id:klaft0729:20180113222930j:image

素組

f:id:klaft0729:20180113223119j:image

フィギュアはキットのものを少し改造。ヘッドホンを支えるような構図に。

f:id:klaft0729:20180113223520j:image

合わせ目箇所。比較的少ないです。

さすがタミヤ

f:id:klaft0729:20180113223551j:image

捨てサフ

f:id:klaft0729:20180113223605j:image

下地のオキサイドレッド

f:id:klaft0729:20180113223741j:image

f:id:klaft0729:20180113223821j:imagef:id:klaft0729:20180113223837j:image

三色迷彩はMr.カラーのダークイエロー、レッドブラウン、ダークグリーンを使用。

f:id:klaft0729:20180113224039j:image

筆で斑点を書き込み。

f:id:klaft0729:20180113224057j:image

裏のウェザリング

f:id:klaft0729:20180113224903j:image

フィギュアの塗装。水性アクリルで下地、エナメルで影→肌→頰の順にぼかしを入れていきます。

f:id:klaft0729:20180113225349j:image

服も同様に。(グレーは分かり辛い…)

 

 

f:id:klaft0729:20180113225520j:image

ご覧いただきありがとうございました。